コンプレックスは人それぞれ違っていて当然です


人間のコンプレックスって本当にそれぞれ違うんだなあって、改めて思いました。さすがに「私は美人に生まれたくなかった……もっと不細工に生まれたかった」というようなことで真剣に悩む女性はいないと思いますが、自分の胸が大きすぎることで悩む女性は本当にいるんです。

これは実際に私のセフレから聞いた話なので、間違いはありません。自分の外見や体の特徴などで悩む人は男女問わずたくさんいると思います。むしろ、自分のことで何一つコンプレックスを持っていない人なんていないでしょう。自分のことが大好きだという超ナルシストですら、どこかに悩みを持っているものです。例えば、自分には友達が少ないというふうに。まあそれはその人がナルシストである限りどうしようもない問題なんですけど。

話がちょっとそれましたが、普通に考えて女性が自分の胸のことで悩みを抱えているといえば、それは当然形や大きさについてのことになるでしょう。
女性が自分の胸の大きさで悩むといえば、またこれは「自分の胸が小さいことでコンプレックスを持つ」というのが普通です。
基本的に日本人は遺伝的にバストが小さいものなので、自分の胸が小さいことで悩んでいる女性は大勢います。
そういう女性にとっては特に、自分の胸が大きすぎるといって悩んでいるという女性がいると聞けば、腹が立つのではないでしょうか。
私がもしも女の立場だったらむちゃくちゃむかつきますね。

けれども冗談ではなく、本当に自分の胸が大きすぎるといって悩んでいる女性はいるのです。
その人にとっては、自分の胸が大きいことが悩みなのですよ、胸が大きすぎると女の子らしくないとか、可愛くないとかそういうことを言うんです。
いかに、人間のコンプレックスというものが人によって違うのかということがわかるエピソードですよね。

本当に人のコンプレックスはいろいろあります。
それはもちろん、人間の欠点が人によっていろいろと違うということについても言えるわけですが、コンプレックスの感じ方が人によって異なるように、欠点の感じ方も人によっては違うのです。
だから、自分が死ぬほど気にしている欠点とかコンプレックスがある場合でも、別の人から見ればそれは欠点にはならないということもあるわけです。

コンプレックスのない人間はいません。
コンプレックスというものは、本人から見ればもちろん最悪の問題で、だからこそコンプレックスになるのですが、でも自分が真剣に悩んでいるコンプレックスが、誰から見ても同じように悪いものであるとは限りません。

胸が大きいか小さいかという話をしましたが、信じられないことに、胸が大きすぎることで悩む女の子は本当にいます。
きっと、自分の胸が小さいことで悩んでいる人から見れば、「私の胸は大きすぎるからかわいくないとか言っている女の子なんて、それこそぶん殴りたくなるほどむかつく存在でしょう。
でも、コンプレックスというものは本当に人それぞれ違うものなのです。

私も出会い系サイトというものがあるおかげで、これまで本当にたくさんの女の子たちと知り合ってきました。
私の知り合いには、さすがに自分の胸が小さいことについて悩んでいる人はいないのですが、それでも、お金持ちだから悩んでいる人妻とか、自分の性欲が強すぎることを悩んでいる女の子もいました。

性欲の強さで悩む女の子は結構たくさんいるみたいですが、とにかく順番に説明していきましょう。
まず自分がお金持ちであることに悩んでいる女の子は、自由に恋愛ができないといって悩んでいる場合がほとんどです。
この場合も、自分が貧乏な環境で育ってきて、ぜいたくな暮らしにあこがれている人にとっては、本当にぶん殴りたくなるような悩みでしょう。
自分が貧乏だから悩むというならともかく、十分にぜいたくな暮らしをしているくせになぜ悩みがあるというのか、おそらく真剣に分からないものだと思います。
自由に恋愛ができないとは何なのか、私もずっとわからなかったし、正直、自分のことをお金持ちだといってグチグチいう女性のことは、どんな話を聞いても自慢にしか聞こえなかったので、私は結局彼女のことを好きにはなれませんでした。
もともと相性が合わなかったということなのでしょう。

でも、彼女と別れてからもいろいろな出会いがあったのですが、確かに「お金があるイコール幸せではない」というふうに考える女性は多いのだなということがわかりました。
これをいったらちょっと問題があるかもしれませんが、かっこいい男は誰とでも自由に付き合えるという考え方が間違っていると同じことなのかもしれません。
確かに、かっこよければ自由に恋愛ができるというわけではないですし、お金があればそれだけで絶対に幸せになれるということもないようです。

なぜお金があっても幸せに離れないのか、それはきっと、お金持ちの家庭に生まれ育った女性ほど、自分がお付き合いする相手を自由に選べないからだと思います。
お金持ちの家庭ほど、古い考え方がまかり通るのです(家柄とかそういう話です)つまり、娘が生まれた場合は、自分たちと親しい関係にある(利害関係の一致する)お金持ちのご子息と娘を結婚させることが、わが娘が生まれた瞬間から決まっているようなものなのです。

つまり、お金持ちの家庭に生まれ育った女性にとっては、自由に恋愛ができないということなのです。
親が選んだ相手としか付き合ってはいけないといわれるわけですから、これは確かにものすごくつらいことかもしれません。
お金持ちの程度にもよりますが、どれくらいの生活のレベルが自分にとって本当に幸せなことだといえるかどうかというのは、本当に個人の考え方によって大きく違うのだろうなと思います。

私のように、お金持ちの女性の話が全部自慢のように感じられて、どうしても好きになれないという人はもちろんたくさんいるでしょう。
またそれとは逆に、女性の経済力に魅力を感じる男性だってたくさんいるはずなのです。
私としてはどう考えてもこっちのほうが多いだろうと思うのですが。

性欲が強い女性のしたって同じことです。
なかなか面と向かってこういう話をするのが恥ずかしいというだけで、やっぱりいやらしいことを考えるのが好きな女の子だって大勢います。
それは別におかしいことではないのです、特に好きな男性がいる場合、自分がいやらしい女だとは思われたくないという理由で、性欲が強いことを打ち明けられないという女性は結構いますが、それは決して欠点だというわけではなく、もちろん、エッチな女の子が好きだという男性は多いですよ。

出会いアプリ 無料とは?