セフレから本命へと


セックスを許してしまうから、セフレ止まりになってしまうのかもしれません。 安易にセックスをさせてしまう女性は、本命なんて到底なることが出来ないと言います。愛する人とセックスをしたい、セックスをさせてあげたいという気持ちも分からないことはありませんが。

合コンで知り合って、私にとって、お気に入りの相手だったから、その日のうちにホテルへと直行しました。しかし、そのとき、相手の男性が、あなたのことを同じように好きという訳ではありませんし。そんなことは、ごくごく当たり前のことを言っているのです。しかし、男性は、セックスがしたいから、好きでないでも受け入れることになります。つまりその関係こそがセックスフレンドの関係にすぎないのです。

女性には、セックスをさせず様子を見るという姿勢が必要だったのではないでしょうか。セックスを出し惜しみなくさらけ出せば、もう女性には、何も残っていなかったりします。

ずるずるとセックスライフ

いえ、何もないという訳ではなく、何度も何度もセックスを男性に提供すればいい訳です。会えばセックスの日々、やっぱりこのような人たちのことをセックスフレンドと言うのです。そのとき、ただセックスに温存する日々に過ごすということではなくて、私は好きだけど、あなたはどう思ってるの?と思い切って確認する勇気が必要なのです。そして、俺には本命がいると言えば、身を引く勇気が必要です。それ以上セックスを提供してもセフレは飽きられるかもしれません。セックスフレンドは、そんなに関係を長続きさせるものではありません。しかし、本当に愛しているのなら、断固としてセックスフレンドに徹して捨てられるのを待つというのも方法の一つであるかもしれませんが。しかし、

『私は好きだけど、あなたはどう思ってるの?』と聞けば、本命がいると男性はいい、別れの瞬間を自ら作ってしまうことになるかもしれません。 セックスフレンドでもいいからという悲しい女心なんて、くみ取ってはくれないのです。

セフレって本当に悲しい存在

セックスフレンドってやっぱり思えばとても悲しい存在なのです。しかし、辛抱すれば、いいこともあるかもしれません。あるとき、三十歳にもなってしまったことだということで、そろそろセックスフレンドという生活にもピリオドを打たなければという気分になったのです。『私は好きだけど、あなたはどう思ってるの?』と聞くのは、ちょっと抵抗があったけど。

そのときは、もしも本命でないと言われたときの私自身の動揺が恐くてなかなか言えなかったのですが、あるとき、ふと、『私は好きだけど、あなたはどう思ってるの?』なんて質問をするまでもなく、身を引こうという決心が生まれたと言います。セックスフレンドなんて実際にいつまでもやっているものではないのです。

何かふっとふっ切れるものが 女性にはあったようです。しかし、男性にとって、一番そのような女性の裏切りがきくようです。セックスフレンドは、日常生活の当たり前のように存在していたのです。それは空気のような存在でもあり、男性ももちろん空気なしで生きていくことなんて出来るはずはありません。

男性には本命というものが存在していた訳ですが、本命よりも大事なものは空気なのです。男性は、言います。お前は会うことが出来なくなってから、気がついたことがあると。そうです、こんな感じで、セフレが本命になるということもない訳ではありません。

しかしそれはごくごく希なケースかもしれません。でも、それはやっぱりあなたがセックスフレンドになってしまったことが悪いのです。

関連サイトの最新情報更新【せふれ募集掲示板】